徒然なるままに

Twitterのモーメント代わりにこちらでまとめてみようかと。 一応、いろんなものの感想を突っ込んでいく予定です。

The 鑑識官(DS) プレイログ

スパイダーマン:スパイダーバース

スパイダーバースをようやく見ましたが、演出と色彩のセンスでぶん殴ってくる感じでしたね!

センスのある人・集団が、時間とお金をかけて、表現したいものを表現し切った感じがしました。

でもって、それを押し付け感なく、尖りすぎないエンタメにするバランス感覚よ。

 

キャラクターもいい味出してましたね

Bパーカーのおじさんだからこその言動や思いやりがいい感じでした。

グウェンは性格もですが動きがかっこよかったなぁ

白スーツの拒否感がなくなりましたよ。

といった事を書きつつも、ノワールが一番好きだったり。

最後の戦闘の渋さに加えて、あの声を当てられたらねぇ

 

ストーリー的にはまぁよくある感じでしたが、最後の盛り上がりが良かったです

無理に各キャラに焦点を当てすぎていないのが良かったなぁと。

世代交代の物語としてみると、先代からの突然の交代でノウハウの継承がされず覚悟が決められていない所を、別次元の「似てるけど微妙に違う人たち」に教わるというのはうまいのかもしれですねぇ

「一緒に行動し成長を見せる」という、先代との比較や役割分担がどうしても入る難しい部分を描く必要もなく、でも必要な覚悟はちゃんと教えてもらえますからね。

 

観ていてPS4スパイダーマンを再度プレイしたくなりましたが、そうじゃなくて続編のマイルズモラレスを買えという話ですね。

Fate/StayNight(Vita) プレイログ

キミの勇者(DS) 感想

ジャンルとしてはRPGですね。

フィールドはなく、大陸各地のダンジョンと街を行き来する感じのシンプルな作りになってます。

全体の流れとしては戦隊もの?のイメージで、基本一話で完結する物語をつなげて一つのストーリーにし、最後は大団円といった感じです。

 

はじめに思う事としては、レベル上げをなくそう(という意図が見える)所でしょうか。

体感ですが、雑魚戦での経験値が少なく、依頼や選択やボス戦での経験値取得が多めに調整されているようで、「無駄な時間は省けるようにしよう」という意図が伝わってきます。

初心者・時間が無い人でも、という配慮なんだろうなぁ

まぁそれであれば逃走確率を上げてほしかった気もしますが…

 

それに対して、成長システムがなかなかストックでしたね。

装備品によってLvUP時のステータス上昇にプラス・マイナスの補正がかけられるシステムなので特化したキャラが作りやすいですが、その代わり後戻りできないんですよ

まぁスキルは比較的自由に選択できるので特に意識しないままクリアできましたけど、このシステムが全体から浮いてる感はあったんだよなぁ

  

後は細かい所が丁寧に作られている印象でした。

町毎に違った(ほぼ意味のない)お土産用っぽいアイテムが売られてたり、宿屋で表示される食事メニューが町ごとに違ってたり、エピローグでも腹話術用のぬいぐるみのトムにまで設定を壊さないけど素敵なエピソードを追加してたり。

勇者日記もちゃんとティアが書いたように書かれていて雰囲気がいいんですよね。

これも連続した時間が取れなかったり毎日できない人が前のストーリーを思い出せるよいになのでしょうが、ちゃんとこういった「ゲーム内の理屈」に変換しているのはいいですよね。

 

難点としては、ダンジョンと街の往復なので単調になるところと、戦闘で工夫できる要素が少ないところですかね。

連携によるダメージ追加とかもありますが、運要素が強いしなぁ

まぁシンプルなRPGともいえますから、このゲームを売りたかった層(RPG初心者や、がっつりRPGをやる時間が無い人)には適切とも言えますかね。

あとは、分岐のため一周で必ずコンプリート出来ない一枚絵や時限要素が多数あるのが
人によっては耐えられないかもですが、まぁ昔ながらのゲームと思えばそこまででもないかと。

 

という事で。

なんというか、「不慣れ(多分予算も潤沢ではない?)なので作成する内容をしぼりつつ、それでもできる範囲では丁寧に作ろう」という意思が見えて非常に好印象でした。
ストーリーも、主人公が勇者ではなく「勇者の従者」なので、「王道をちょっと外した、だけど王道」という形でマンネリ感もなく、爽やかかつ気持ちいい感じで終われましたよ。

まさしくタイトル通りでした。

今にして思えばこの配役も伏線だったのかもなぁ

いい後味でした。

-------------------------------------------------------------------------------

MG ZZガンダム Ver.Ka